無職ニートなのに無謀にも上京した底辺アフィリエイターの生存ログ

無職ニートで上京したアフィカス

スポンサーリンク

身体を鍛えるニート

無職だけど身体を鍛えると無気力が解消されてきた

投稿日:

糞無職だけど最近身体作りを頑張っている。

運動大嫌いだしどれだけ労力を使わずに生活できるかを常に考えてるくらいだらしない人間だったんだけど今はランニングや筋トレという苦行をするようになった。少しずつマゾ化している。

身体を鍛え始めた理由

筋トレや身体作りを始めるのは意味不明だと思われるし何を目指してるのってよく聞かれる。多分普通の人なら健康志向だと思われるけど糞無職が身体を鍛えてるとそんな事してる場合じゃねーだろてめえってなるんだろうね。わしもそう思うもん。

身体を鍛え始めた理由1 死ぬほど体力がないから

わしめちゃくちゃ体力がない。タバコも吸うし、実質8年近く運動をしていない。普通の人が生活で使う最低限の体力すら使ってない。生活のほとんどは寝たきり老人みたいに寝転んでゲームとかして遊んでるだけだったから。

ちょっと出かけただけでもすぐ頭痛くなったり貧血になったり疲れがどっと溜まったりで最大HPがめちゃくちゃ低い。そんなだしちょっと動くだけでもものすごいやる気が必要だった。布団から起き上がる程度の事でも・・・・。

社会復帰しようにも寝たきり以外の姿勢で長時間いるだけでしんどかったりすると自信がなくなる。体を動かす仕事ならたぶんいきなりやると死ぬ。

普通に働いてる人って仕事の中でちゃんと立ったり座ったり身体動かしてるから寝たきり無職と比べると体力が全然違う。わしはまず身体が疲れにくくなるように体力をつけたいと思った。

理由2 ポジティブになったりやる気が出るらしいから

運動って鬱の解消に良いってよ。

軽くても鬱気味の人ってやる気が出なかったり生きてるだけで死にたい気分になる。わし鬱かどうか診断したことはないけど毎朝起きるとまるでこの世が終わったような最悪な気分だった。仕事にいくとか嫌な予定があるわけでもないのに毎日そんな気分で一日が始まってた。

そんで何するにしてもやる気が出ない。だから結果的にずっと無職生活だったんだろうけど。大好きなゲームですら起動が面倒で布団にくるまって何をするでもなくただ時間が過ぎるのを待ったり。とにかく無気力だった。

身体を鍛え始めてからはその無気力もちょっとずつ無くなってきた気がする。少なくとも起きるたびにこの世の終わりの気分ではなくなったのはすごく実感してる。ただの筋トレよりも、ランニングを始めてからがすごく気持ち変わった。

ただただ引きこもってるより、走った方が確実にポジティブになれるし気持ち明るくなる。これは本当に思った。

理由3 「その気になれば相手を倒せる」感覚が欲しい

身体鍛えると肉体的に強くなるじゃん。屈強な人間は対人においても「こいつの事はその気になれば倒せる」って気持ちを抱いてるらしい。だから相手に何を言われても「こんな事言われてもどうせこいつの事はその気になれば倒せるしなあ」っていう穏やかな気持ちで接する事ができるんだと。

だから嫌な事言われたりしても身体が弱い時に比べると受け止めるダメージが少なそうだろう。ほんで自分に自信がつけば人間関係も良好になれそう。自分に自信が無いと引っ込み思案になるしなんか言いたい事も言いにくいしの。

まだ屈強な肉体にはなれてないけど、前に腕相撲で負けてた相手に勝てるようになっただけでもすごく自信がついたし嬉しかった。戦闘力を高める事は自分に自信をつけるのとつながる。

無気力無職ゆえに運動するまでのやる気を出すのが大変だった

無気力でだらだら過ごしてたからまず運動するまでのやる気を出すのがすごく大変だった。昔から身体鍛えたいとか少しは思ってたけど面倒でやる気出なかったからな。

最近身体作りを頑張れるようになったのは、環境の変化とかいろんな条件が重なってくれたおかげだと思う。

上京して身の回りの環境が一気に変わったから何かを始めるのにちょうどよかったとか、社会復帰しやすい環境になったから体力つけようってなったとか。あとは人と一緒に運動して遊ぶのに、体力差がありすぎるとまともに遊べないのが嫌だった。遊びになんないレベルになるときがある。

なんかそんなの色々含めて身体鍛えようってなった。とにかく身体鍛えてデメリットなんかないしメリットしかないやんって感じやん。

ゴミ底辺の無職から一般人になるためには、何か変化が必要なんだ。だからわしは身体を鍛え始めたんだ。毎日の無気力さがマシになればほらちょっと行動力出るって思って。

何か始めようとするなら形から入るのも大事で、ジャージとかランニングシューズを買ったりしたのも結構モチベあげるのに役立った。着るだけで強くなった気分になれるからな。

やってる筋トレや運動

・ランニング

・たまにジム

・腹筋ローラー

ランニングはお手軽に始めれるし一番気持ちが変わるのでおすすめ。マジで。いきなり走ると身体の負担も半端なかったけど、気持ちはかなり晴れるしたぶん明るくなれる。スマホアプリで走った距離や1キロあたりにかかった分数を計測できるやつがあるのでそれでモチベ上昇してる。

ジムはジムってか体育館みたいなとこで筋トレ器具を使ってトレーニングをするやつ。体重や体脂肪率や筋肉の量を計ったりできるし結構モチベあがる。だが周りに筋肉ムキムキのやつが多すぎてひ弱な自分がいくとひやかしにきてるとか思われそうでちょっと不安になる。

腹筋ローラーは安いし家の中でできるしお手軽。腹筋への負担がすごいから続けてると確実に腹筋われる・・・。わしは腹筋よりも腕がしんどくなる、なぜか。腹筋を割れたら見た目的にすごい自信つきそうだよね。

なんだかんだで体重も2キロくらい増やせて、今までなかった筋肉が目に見えたり、腕相撲で勝てなかった相手に勝てるようになったりなど進歩が感じられてきて面白くなってきた。あと身体鍛えた後の飯はうまいし湯舟は気持ちいい。

スポンサーリンク

-身体を鍛えるニート

Copyright© 無職ニートで上京したアフィカス , 2017 AllRights Reserved.